ハンターによって狩猟

エゾ鹿21

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿21
エゾ鹿21 >> ハンターによって狩猟
丹波地方の鹿肉切落し肉

丹波地方の鹿肉切落し肉!オススメ

オーガンズMIX

新鮮な心臓・肝臓・肺をミックス!

プレミアム

エゾ鹿肉の切落としお買い得!

ハンターによって狩猟されます!

エゾ鹿

北海道内のエゾ鹿生息数は50万頭以上で、農林業被害額は道東地方を中心に50億円を超えるなど深刻な社会問題となり、現在でも年々多くの被害が報告されています。北海道ではエゾ鹿保護管理計画に基づいて、エゾ鹿の絶滅を回避しながら安定的な生息水準を確保するために適正な保護管理に努めてきた結果、北海道の東部地域では個体数がわずか減少傾向を示したものの依然として大発生状況のまま横ばいで推移しています。
一方、西部地域での個体数は一貫して増加傾向を示すとともに分布域も拡大しています。
食害の深刻化に危機感を抱いた北海道は猟期を1ヶ月間延長する対策をとることも検討しているようです。本来、エゾオオカミがエゾ鹿の数を抑制することで生態系が保たれていたのですが、今ではエゾオオカミが絶滅したためにエゾ鹿は増え続けています。
それだけではありません。エゾ鹿の繁殖率はきわめて高いのです。おまけにハンターたちが減少してきている事も一つの要因といえるでしょう。
ハンターたちによる狩猟とは、野生動物特に鳥類や哺乳類を捕獲することです。またハンティングともいいます。

オオカミ

日本の鹿や猪猟を例にとると、ハンターたちはグループを組み、その中で獲物を追い立てる役と、獲物の逃げ道沿いに待ち伏せをして銃を構えている役とに別れて狩猟をします。
北海道はエゾ鹿やヒグマを代表する野生動物による農作物被害は深刻な事態を招いており、ライフル銃の所持条件の緩和や、狩猟期間の延長といった鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の規制緩和が求められています。
北海道の狩猟期間は10月1日から翌年1月31日(エゾシカ猟を除く)です。
エゾ鹿の狩猟期間についてはだいたい11月1日くらいですが毎年見直しが行われています。これらは生態系のバランスを壊さないように解禁日を決めて、そして春はいつ頃に狩猟期間を閉めるか綿密に協議されます。
捕獲頭数はメス鹿は特に制限を決められておらず無制限ですが、オス鹿の狩猟に関しては一日につき一人一頭と決められています。
エゾ鹿は10月から12月一杯までは特に冬の前になるとこれからやってくる冬を乗り越えるためにたくさんの栄養を採り食料を溜め込むために太っています。
しかし、1月に入ると雪が積もり、段々と餌である木の実や笹の葉も食べ尽くされ、鹿の食物も少なくなってくる。
北海道にとってマイナス資源と捉えられているエゾ鹿ですが、視点を変えプラス資源に転換すること「エゾシカ肉の需要を拡大」、つまり有効活用することで結果として個体数調整に貢献し、新たな地域産業の創出や地域振興に結びつくという考え方です。

 

案内係   エゾ野生鹿   ハンター  製造加工   クロネコ   「まいど!」

お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

斜里の紹介

エゾ鹿の故郷知床を紹介します

ドッグ用サプリメント

ドッグ用サプリメントはこちらから

毎月29日はお肉の日!

毎月29日はお肉の日!15%引

クレジット

各種カードご利用いただけます♪