エゾ鹿21にようこそ

エゾ鹿21

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿21
エゾ鹿21 >> エゾ鹿21にようこそ

エゾ鹿21にようこそ

 

この度は当サイトドッグフードの鹿肉専門店「エゾ鹿21」を御覧いただきありがとうざいます。
当店は、ノニ業界屈指の泣mニインターナショナルの正規代理店として、ノニジュースをはじめ、ノニタブレット、ヒッポジュース、フコイダン、 ウコン、マカ、カムカム、アサイー、自生トンカットアリなどの健康食品やノニ化粧品、コールドプロセス製法の石鹸など計100品目以上扱っています。

増え続けるエゾ鹿

今回は、ペット用の国産馬肉に加えエゾ鹿肉を取り扱うことになりました。
北海道ではエゾオオカミが絶滅したので野生鹿が爆発的に増加し、農林業被害に苦しんでおります。行政は、この問題を解決すべく助成金を支出して、有害獣駆除を促進しております。ハンティングとしての猟期は設定されておりますがエゾシカの出産率は97%以上です。2歳以上のメスであれば大部分が出産をします。
減るどころか毎年倍に増えているのが現状です。

ハンターは、ネックショット(首撃ち)で野生鹿を仕留め、頸動脈を切って血抜き作業を行ってから指定先に運び込みます。
ところが肉は死んでから2時間以内に血抜きをしないと人が食べる肉としては固くなり、匂いがして不向きになります。
実際、衛生的な処理場の整っていない山では十分な血抜きが出来ません。
ところが逆にそうした野生的な肉は犬種の食餌としてはうってつけになるのです。
犬種は哺乳網食肉目イヌ科に属する動物で、本来、草食動物を生のまま肉や内臓を食べる事によって発酵物や食物酵素を栄養素として摂取していたのです。
それをフード企業が犬本来の姿を無視し、飼育に便利な加工ドッグフードを作り、飼い主さんは手軽さからそういう物を与え続けています。

しかし、その肉や加工されたフード、元々どんな肉を使ってどのようにして加工されているか分かっていますか?
喋ることの出来ない犬たちの健康を守ることが出来るのは飼い主である「あなた」しかいません。大事なパートナーのために一度是非鹿肉を与えてみて下さい。
「馬肉コム」共々ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

エゾ鹿21
店長:北村 美和

 
お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

斜里の紹介

エゾ鹿の故郷知床を紹介します

ドッグ用サプリメント

ドッグ用サプリメントはこちらから

毎月29日はお肉の日!

毎月29日はお肉の日!15%引

クレジット

各種カードご利用いただけます♪